「考える力」と「実現する力」をつかって、ワクワクする未来へ。

ほんの少し先の未来さえも、
予測が難しい時代。
そのなかで、社会の変化を深く洞察し、
いち早く向かうべき先を提示すること。
幅広いグローバル・ネットワークを強みとして、
まったく新しいソリューションを創出していくこと。
それが、わたしたち電通の役割です。

電通には、大切にしている2つの力があります。

それは、「考える力」と「実現する力」。
今まで誰も想像しなかったことを
誰より先んじて考え、実現してこそ
わたしたちの存在価値は生まれます。

そして電通には、プロジェクトに対して
強いモチベーションを持った人が、
その司令塔になれる文化があります。
いろんな興味やバックグラウンドを
持つ人がいるから、いろんなやり方が生まれる。
そこに年齢や部署は関係ありません。
司令塔になった人間がチームの中心となって
仲間を巻き込みながら、ノウハウ、ネットワーク、
電通のあらゆるリソースを
最大限に「つかう」ことで
今までにない驚くようなアイデアを考え出し、
不可能だったことを実現していくのです。

皆さんには、電通を「つかう」ことで、
ぜひ新しい未来を生み出す
人間になってほしい。

皆さんには、電通を「つかう」ことで、
切り開き、編み出し、
創り出す人間になってほしい。

皆さんが社会人になる 2020年には
日本でオリンピック・パラリンピックが、
そして2025年には
国際博覧会が開催されます。
日本が世界中から注目を浴びる時であり、
転機ともなるタイミングです。

ダイナミックに変化する社会は、
今、さらなる変革のための
アイデアを求めています。
電通にしかできないことは、たくさんある。
わたしたちと一緒に、
しなやかに、そして力強く、
おもしろい未来をつくっていきましょう。

代表取締役社長執行役員 山本敏博

動画を終了する