024

小柳 祐介 Yusuke Koyanagi

クリエーティブ

2010年入社

どんな学生時代を過ごしたか

2003年からコマ撮りアニメを中心に、MVやTV番組ブリッジの映像ディレクターとして働いて過ごしていました。

電通を選んだ理由

妻のすすめで。

百色名刺の色・その色にした理由

Color Number098

蛍光色って印刷代が高く、学生時代憧れていたから。

百色名刺とは?

得意技はないことです

良く言えば、ないことで、偏りや偏見がない!本当は欲しいです。

担当したプロジェクトについて

「小林市シムシティ課」。企画・アートディレクションを担当しました。街づくりゲームのシムシティと宮崎県小林市が手を組み、実際の課を設置。わかりにくく、イメージしづらかった街づくりを親しみのある「ゲーム」で視覚化することで、誰もが参加できる街づくりへと、変えていくプロジェクトです。振り返ると実現したことに自分でも驚きます。なにより企画を採用していただいたクライアントと小林市の皆さまがすごい。すごいです。こういう仕事に関われて本当に幸せです。

アート職の必要性、今後の可能性について

クリエーティブ作業は広告という垣根を超えて「まだ見たことないもの」が求められています。ゼロからつくれるアート職が中心となったプロジェクトが増えていると感じています。

電通の使えるところ・電通を使って成し遂げたい夢

成し遂げたい夢って難しいですよね。就職活動をしている20代の皆さんの中で夢を持っている人ってどれだけいるかわかりませんが、なんとなくみんなが夢を持っているから就職活動用に夢を捏造している人も多いのではと思います。少なくとも僕はそうでした(笑)。 そんな僕が電通に入社し、幅広い領域で作業をしていくなかでやんなくてもいいことに熱中していたり、好きだと思って手を挙げたことが全然捗らなかったり、嫌いだと思って避けていたものが猛烈に好きだったりと自ずと自分が見えてきて、なんとなく夢っぽいものが頭の上に今は浮いています。それが一番電通の使えるところなのかなと思っています。夢は広告表現を一歩前進させることです(ちょっと捏造してしまっているかもしれません、2020年には明確にしておきます)。

就活のポートフォリオ

これを読む学生の皆さんがまさにつくろうとされていると思いますが、一生の宝ものです。

オフの時間の使い方

子育て。オフというよりオンです。

アート職を目指す学生へのメッセージ

まず、風邪を引かないように頑張ってください。

アート職

プロジェクトのビジュアルに関わる全領域をコントロールし、狙った効果を生み出す人。
言語化できない美意識や微細なディティールを組み上げ、誰も目にしたことのないモノを出現させます。

動画を終了する