014

山口 帝名 Teina Yamaguchi

コンテンツ

2015年入社

どんな学生時代を過ごしたか

法律の勉強に打ち込む一方で、学園祭のファッションショーに出る等、勤勉&華やかな生活の二束のわらじを履いていました。

電通を選んだ理由

問題解決の延長で、人が何かに夢中になれる瞬間を創出できる仕事に魅力を感じたため。

百色名刺の色・その色にした理由

Color Number001

社会人になる=独り立ちして航海に出る、をイメージして「1」番の海の色にしました。

百色名刺とは?

得意技は初見でピアノを演奏すること

ロシアにいた頃、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院の初等科におり、ピアノソロ部門で全国制覇したこともあります。

これまでの経歴

入社してから丸3年間、スポーツ局2020東京オリンピック・パラリンピック室でイベントの企画、運営に携わりました。4年目で、母国であるロシアでFIFAワールドカップが開催されることをきっかけに、同局内のサッカー関連の部署に異動。ロシア語はネイティブなものの、英語は今まで業務で使用したことがなかったため、毎日四苦八苦しながら海外サッカー連盟や海外サッカークラブチームと向き合う部署で、スポンサーシップセールスを行っています。

担当したプロジェクトについて

【リオデジャネイロや平昌など、国際的なスポーツイベントが行われる地へ日本代表選手団を送り出すためのイベントの企画、運営】
全国の小中高生からの日本代表選手団への応援メッセージの募集やイベント当日に行う選手団への応援エールの演出企画、当日の運営管理までの一連の業務を行いました。電通はB to Bの仕事が多い中、「世の中の人が何かに夢中になれる瞬間をつくりたい!」と思い入社した私にとって、子どもたちがイベントを通し選手に触れ、目をキラキラさせている瞬間を目の当たりにできたことは、かけがえのない経験になりました。

【FIFAワールドカップの開催に際して行われる電通ガラの企画、運営】
FIFAの事務総長を始め、スポーツ業界を支えている世界各国のステークホルダーの方々をゲストとしてお招きし、今後のスポーツ業界の発展を期し、電通主催でイベントを開催。日本そして電通とのご縁を感じていただけるよう、日本文化のひとつである「縁日」をテーマにイベントを実施。

電通の使えるところ・電通を使って成し遂げたい夢

誠意をもって自分の意見をぶつければ、耳を傾けてくれる人が多い会社だと思います。社内で積み上げられてきた知見と社内外の人間関係、いつでも相談に乗ってくださる先輩、同僚の力を借り、世の中の人が何かに夢中になれる瞬間をつくれるような担い手になりたいです。

スポーツコンテンツの仕事について

国内外の連盟や大会組織委員会、選手に寄り添い、彼らをサポートする企業や媒体とWin-Winの関係を築けるような座組みをつくっていく仕事です。どうしたら多くの人にその競技や大会を届けられるか、楽しんでもらえるか、支援してもらえるか、試行錯誤を繰り返しています。

親友からもらったロシアの文化や慣習に関する本

遠く離れていてもロシア人としての一面を忘れないでねというメッセージとともにいただいたもの。11歳以降日本で生活をしている自分にとって、故郷やアイデンティティーについて立ち止まって考えるきっかけをつくってくれる本です。

オフの時間の使い方

土地勘のないところに行くこと、美味しいものに触れることが好きなので、時間があれば国内外問わず弾丸で旅行に行きます。頭の中で徐々に地図が出来上がってくる感じが好きです。写真はパリに住んでいる親友に会いに行ったときに撮影したもの。

就職活動を控える学生へのメッセージ

人は想像以上に相互に影響を与え合っていると思います。就職活動をしていると、自分に合っている会社かどうかにフォーカスしてしまいがちですが、今後の長い人生、どのような人に囲まれ、影響を受けていきたいか、人間関係をベースに選ぶのも就職活動において大切だと思います。

コンテンツ

スポーツや、アニメ・映画・音楽などエンターテインメントに関わる開発をする人。
ワクワクや感動を届けるだけでなく、新しい文化へと発展させていきます。

動画を終了する